WordPressとMailPoetでメルマガを発行するメリットとデメリット




こんにちは。

お父さんアフィリエイター、
はまぞふです。

 

以前、こんなお問い合わせが来ました。

 


サイト内の記事で、MailPoet送信サービスを使ってメルマガとタイトル記事を読みました。

そこでお尋ねたいことが出たので問い合わせしています。

通常、メルマガ発行、無料レポート配信のために、数千円から数万円のメルマガスタンドに申し込みが必要だと思っています。

が、プラグインでメルマガ発行が
MailPoetでできるのでしょうか?

 

お問い合わせ、
ありがとうございますm(_ _)m

そうなんですよね^^

 

僕も、以前はメルマガを発行するには、月額数千円~数万円かかるようなメルマガ発行スタンドからメルマガを送るものだと思っていました。

でも、色々と調べてみると、MailPoetというWordPressのプラグインを使うことで、WordPressからのメルマガ発行も可能だということがわかりました。

そして、僕はこの組み合わせで、現在もメルマガを発行できています。

もちろん、ステップメールもMailPoetから送信しています。

 

・・・ですが、

そこには、メリットとデメリットがあるんですよね。

 

ということで、この記事では、
WordPressからメルマガ発行ができるプラグイン、MailPoetプラグインを使ったメルマガ配信のメリットと、デメリットをご紹介していきますね。

もし、

 
まず、MailPoetプラグインのインストールをしたいんですけど・・・
 

 

って方は、僕が以前作った無料レポートを参考に、WordPress+MailPoetプラグインを設定してくださいね。

 

WordPressとMailPoetを使って、たった年3000円でメルマガを運営する超具体的な手法!



 

MailPoetのメリット

まずは、メリットからご紹介しますね。

安い

レンタルサーバーは必要になりますが、それ以外の料金はかかりません。
これが、一番の魅力ですね^^

操作がわかりやすい

WordPressのダッシュボードでメルマガに関する操作が必要になるので、操作自体はわかりやすい。

2000人までなら無料

メルマガの登録者が2000人までなら無料で使えます。
2000人を超えるようなら別のメルマガスタンドや、有料のMailPoetプレミアムで運用する必要があります。

MailPoetのデメリット

こんな、デメリットがありますよ。

ステップメールの配信する時間が設定できない

ステップメールの配信する日の間隔は設定できるが、配信する時間までは設定できません。

例えば、登録から3日後に配信という設定はできるけど、3日後の21時という設定はできません。

配信する時間は、メルマガに登録した時間になってしまいます。

英語を翻訳する必要が出てくる

プラグインは日本語訳になっていますが、一部英語のままの部分もあります。

また、何かあったとき、MailPoetのサポートに問い合わせを行うときは、英語で問い合わせる必要があります。
ついでに、問い合わせから帰ってくるメールも英語です。

ちなみに、僕が問い合わせをしたときは、日本語で文章を書いて、Google翻訳で英語に変えて送ってました。

ですので、英語が完璧に話せる必要はないんですが、チョット面倒くさいですね。

なにか起きても自分で解決

なにか問題が発生したときに、自分で解決しなければなりません。

ま、タダなんでしょうがないんですけどね。

設定によってはスパムと判断される

自分が契約しているレンタルサーバーからメールを送ることになるので、メールの送信に時間がかかるし、設定によっては、YahooやGoogleからスパムメールと判断される可能性もあります。

例えば、メルマガの送信元のメールアドレスが、
『◯◯◯◯@yahoo.co.jp』
の場合、yahooサーバーから送っていないのに、yahoo.co.jpのドメインが使われているということで、「なりすまし」だと思われてしまいます。

なりすましにならないように、レンタルサーバーを契約したときに割り当てられたサブドメインか、自分でドメインを取得する必要があります。

ただ、これに関しては、解決策があります。

 

スパムメールと判断されないための対策とは?

デメリットの最後に上げた、『設定によってはスパムと判断される』についてですが、スパムと判断されないための対策が必要になってきます。

 

実際に、メルマガを送る際は、送信側にセキュリティ的ないろんな証明書が必要になります。

そういう証明書はレンタルサーバー側で用意されている場合もありますし、されていない場合もあります。用意されていない場合は、自分で作る必要がありますが、専門的過ぎて、はっきり言うと素人では無理です。

 

 
僕もさっぱりわかりませ~ん ^^;
 

 

しかし、自分のメルマガがスパムメールと判断されないための対策は必要です。

 

実際に、僕がMailPoetプラグインを使ってメルマガを発行し始めた当初は、Yahooからスパムメールと判断され、Yahooメールに対してメルマガが送れなくなりました。

そのための対策として、『MailPoet送信サービス』を使うことにしました。

 

MailPoet送信サービスを使うことで、Yahooからスパムメールと判断されることもなくなり、現在は安定してメルマガを発行できています。

 

ということで、
MailPoetプラグインを使ってメルマガを配信するときに、スパムメールと判断されないための対策とは、『MailPoet送信サービスを使うこと』なんです。

 

じゃ、『MailPoet送信サービスってなんなの?』って話なんですが、

かなりザックリ説明すると・・・、

 

メルマガ送るとき、
「自分のレンタルサーバー」→メルマガ配信

ではなく、

「自分のレンタルサーバー」→「MailPoet送信サービス」→メルマガ配信

こんな感じで、
自分のレンタルサーバーから、MailPoet送信サービスを経由してメルマガを送るイメージだと考えておくといいです。

 

MailPoet送信サービスを使うには、色々と手順が必要で、

そのための手順はコチラの記事で解説しているので、参考にしてくださいね。

 

MailPoet送信サービスを使ってメルマガを確実に送信する方法



 

また、MailPoet送信サービスを使うことでのメリット、デメリットもまとめました。

 

 

MailPoet送信サービスを使ってみようと思うけど、今一度デメリットを確認しておきたい!
 

 

と思われるならば、一度コチラの記事を確認してくださいね。

 

MailPoet送信サービスを使わなければならない理由とは?


まとめ

この記事では、メルマガやステップメールを気軽に送信できるWordPressのプラグイン、MailPoetについてご紹介しました。

もし、あなたが、

 

 
メルマガを発行したいと思ってるんだけど、お金がチョット・・・・
 

 

と考えているのであれば、まず、練習のつもりでWordPress+MailPoetプラグインの組み合わせで、メルマガにチャレンジしてくださいね。

 

また、本格的にMailPoetでメルマガの運用を考えているのならば、ぜひ、『MailPoet送信サービス』の導入も検討してください。

あなたがせっかく書いたメルマガが、スパム判定されることなく、安定してメルマガを運用できるようになります。

 

まず、MailPoetプラグインのインストールから知りたいと思うのならば、コチラの無料レポートを参考にしてくださいね。

 

WordPressとMailPoetを使って、たった年3000円でメルマガを運営する超具体的な手法!



 

また、スパム判定されずに確実にメルマガを送るために、以下の対策も行っておいたほうが良いですね。

 

MailPoet送信サービスを使ってメルマガを確実に送信する方法



 

MailPoet送信サービスを使う際の、メリット・デメリットはコチラを参照してください。

 

MailPoet送信サービスを使わなければならない理由とは?



 

もし、何か分からないことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

「WordPress+MailPoetでメルマガに挑戦してみよう!」と思った方、ぽちっとお願いします^^

人気記事ランキング

コメントを残す