読者の興味をつかんで離さない意外性の出し方のポイントとは?




こんにちは。

お父さんアフィリエイター、
はまぞふです。


 

あなたは、ブログの書き出しで、興味を惹くように書いていますか?

ブログの書き出しの部分で、興味を惹くことは、ブログの構成の中で、重要なポイントです。

 

ブログって、「読もう!」と思って読む人はあんまりいなくて、だいたいの人は

 

「なんか面白い情報ないかなぁ~」
 

って思って徘徊する気持ちで読むので、

記事のしょっぱなに、興味を惹くような画像や文章が無ければ、べーじを閉じられてしまうか、途中で離脱してしまうかのどちらかなんですよね。

 

ブログ(゚Д゚)ノ
「そこのあなた!最近、髪が薄くなってきたって思ってますよね。」

 

読者(;´Д`)
「ゲッ、何で知ってんだコイツ??」

 

ブログ(-ω-)/
「実は、あなたの頭をフサフサにする秘訣・・・あるんですよ。」

 

読者(;´Д`)
「ま、マジかっ!どんな秘訣だ!!」

 

ブログ(-ω-)/
「それは、こちらです!」

 

読まれるブログの構成ってこんな感じに、興味を惹いて、問題を提起して、結論を伝えます。
なので、記事の最初はガツっと興味を惹くことがポイントなんです。

一番簡単に興味を惹くには、コツがあります。

 

それは、『意外性』です。

 

意外性をだすことで、
「えっ!マジで?」
 

と読んでいる人の興味をグッと惹きつけることが出来るんですよね。

 

読者の興味を惹きつけるコツは『意外性』

例えば・・・、

『ノートパソコンを何も触らずに操作ができる方法があります。』

↑この一文に、「えっ?うそっ??」っていう風に興味が惹きつけられませんか?

 

パソコンを操作するために、必ずマウスやキーボードが必要になります。

っていう先入観が大多数の方にあるので、

 

『ノートパソコンを何も触らずに操作ができる方法があります。』

 

と言われると、
この文に意外性を感じて、興味がグッと惹きつけられるわけです。

 
「でも・・・意外性ってなかなか思いつかないって!」
 

 

そうなんです。「意外性を出しなさい!」って言われても、そう簡単に意外性なんて出せるもんじゃありません。

 

ではどうやって出すのか?

 

それは、最近ご紹介している、『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』という本に書かれています。

『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

 

『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』では、意外性をだすための方法が、ステップが1~5まで分かれて紹介されていますが、

今回は特別に、その中のステップ1を簡単にご紹介しますね。

 

ポイントは、『意外性は自分が持っている知識の中にある』ということです。

 

意外性は自分が持っている知識の中にある

自分がブログで書こうとしている商品やサービスの紹介、それに記事のテーマなど、あなたがそれらの記事を書くために、関連する知識を蓄えていると思いますが、

あなたが当たり前に持っているような知識は、他の人は持ち合わせていない・・・ということを知っておく必要があります。

 

例えば、あなたがある商品を紹介しようとしたときに、詳しく商品のことを調べたり、何なら購入して、実際に使い込んでみたりするので、その商品のことをはかなり詳しくなっているはずですが、

普通の人はその知識が無いんです。

 

なので、意外性を探すときは、その商品をよく知っている自分の視点で探すのではなく、その商品やサービスの知識がまったく無い読者の視点から探すことが重要ということなんです。

 

さっきも言った、

『ノートパソコンを何も触らずに操作ができる方法があります。』

についてですが、実はこれ、僕は知ってました。
じつはこれ、ある装置を付ける事で可能になるんですよね。

 

じゃ、このパソコンに意外性を出すためにどうしたのかというと、僕の視点からじゃなくて、

『ノートパソコンを何も触らずに操作ができる方法』を知らない人の視点から意外性を探してみたんですね。

すると簡単に意外性が出せました。

 

意外性って、自分の視点から探すとなかなか見つかりません。
なぜなら自分が思ってもいないことが意外性なので、自分が考えようとすると無理があります。

 

自分が紹介しようとしている商品やサービス、それにブログの記事のネタなど、書こうとしているテーマについて、何も知らない人が読んだときに、

 
「何それっ?」
 

 

って感じることができる意外性を探すときは、そのテーマについてよく知っている自分の知識の中にあるってことなんですね。

 

ということで、意外性を出すためのステップ1は、
『意外性を出すためには、自分の目線ではなく読者目線で探すこと』ということです。

 

あと、残りのステップ2~ステップ5については、

『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』に書かれていますので、興味のあるかたはぜひチェックしてみて下さいね。

⇒ 『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

 

意外性については160ページに書かれていますよ。

あと、
『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』がいつまで販売されているかはわかりません。
欲しい時に販売が終了になることもあるかもしれませんので、

 
「あ~っ!あの時買っとけばよかった!」
 

 

と後悔しないうちに手に入れておいてくださいね。

⇒ 『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

 

『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』については、こちらの記事でも紹介しているので気になる方はぜひ読んでみて下さいね。

人間の行動心理を突いたノウハウとは?



 

 

「意外な意外性を意外な方法で知りたい」と思った方、ぽちっとお願いします^^

人気記事ランキング

4 Responses to “読者の興味をつかんで離さない意外性の出し方のポイントとは?”

  1. こんばんは。
    優れた書籍でもいつの間にか絶版になってしまうことがありますね。
    今販売されていると、ずっと将来まで同じことが続くというのは思い込みで、
    実際に何冊も絶版になっているのを先日も知りました。
    大切な本は今すぐ入手しておきたいですね。

    • takafumiさん、こんにちは。
      はまぞふです。

      コメントありがとうございますm(_ _)m

      >優れた書籍でもいつの間にか絶版になってしまうことがありますね。
      確かにそうですね。

      いつでも購入できると思っていても、
      販売側の都合で突然、販売停止になったり
      価格が上昇する可能性もありますからね。

      こういう優良な書籍は、
      価格が上がらないうちに入手しておくのが良いですね。

  2. こんにちはです。
    私も記事の出だしで意外性を意識してましたが、考えすぎると捻りすぎてしまうのか、思考が飛びまくって意外性どころか全く的外れになってしまう事が良くあります^^;
    読者さん目線、知らない人目線も意識しないと・・・。

    • きりたんさん、こんにちは。
      はまぞふです。

      コメントありがとうございますm(_ _)m

      確かに意外性って考えすぎると、
      あさっての方向に飛んでしまうこともありますね^^;

      この辺りはあまり考えすぎずに、シンプルにする方が、
      読者も読みやすくて、わかりやすいですね。

きりたん にコメントする

メルマガ始めました

メルマガ始めました
「一体どんなメルマガなの?」と思ったらクリック⇒ こんなメルマガです
「無料メルマガ」登録ページはこちらをクリック!

【無料レポート紹介!】

アフィリエイター必見!キーワードを記事にするときに絶対に知っておきたい、たった一つのコツとは?

ダウンロード
あなたはキーワードから記事を書くときに、「どんな内容の記事を書けばいいのかわからない!」か、「記事を書くときに筆が進まない!」とか、悩んだことがありますか?もし、少しでも悩んだことがあるのならこの無料レポートを読んでみて下さい。僕も同じように悩んでいましたが、記事を書く前に「あること」を考えるだけで記事の書くスピードが上がり、読みやすい記事が書けるようになり、記事数を増やすことができました。

この先も廃れない、アクセスがドンドン来るアフィリエイト初心者に最適なサイトのテーマとは?

ダウンロード

僕が、いくつかアフィリエイトサイトを作っていく中で、実際に途切れる事が無くアクセスがあり続けるサイトのテーマを発見しました。それは、流行り廃りが無く、人間が生きていく中で誰しも必ず訪れる、悩みや欲望をテーマにしているからです。「サイトを作ったんだけど、アクセスがさっぱり来ない!」と悩んでいるアフィリエイト初心者の方は、この無料レポートをぜひ読んでみて下さい!