ブログの記事ネタをパクっても怒られない方法とは?





こんにちは。

お父さんアフィリエイター、
はまぞふです。


 

6月は僕の誕生日でした。
なので、また一つ年を取りました^^;

で、誕生日プレゼントですが・・・

プレゼントにミニファミコンを買ってもらいました。

なんか、小学生みたいなプレゼントですが・・・、
実は息子が、どうしてもやりたいって言ったんですよね。

・・・ドンキーコングを。

あの、ドット絵のドンキーコングです。

正直、懐かしさはありますが、「何が面白いの?」って聞き直したんですが、

 

「だって僕、やったことないんだもん!こんなマリオ見たことないし。」
 

 

ま、たしかにそうだ。

ちなみに、ファミコン版のドンキーコングってこんな絵です。

http://hamazof.com/web/190707.html
※Youtubeに飛びます。

正直、言うと・・・、
まぁ、懐かしいですが、

今更やりたいとは思っていません。

しかし、息子はかなり熱望しています。

 
「だって、だって、こんなゲーム見たことないし、やったことないんだもん!!」
 

 
「ま、まぁ、確かにやったことないだろうし、これからもやる機会はないだろうな・・・」
 

 

最新ゲームって、今はニンテンドースイッチですよね。

持ち運びもできて、グラフィックもきれいで、大人が見るだけでもウットリしてしまうくらい、キレイなグラフィックです。

それに、ニンテンドースイッチじゃなくても、みんなが持ってる今のスマホでも、昔とは比べ物にならないくらい、キレイなグラフィックのゲームはたくさんあります。

今後、ファミコンのような超ドット絵のゲームなんて、わざわざ発売されないでしょうね。

しかし、息子はこのドット絵のドンキーコングがやりたくて仕方がないんです。

僕にとっては、懐かしく見飽きたゲームなんですが、息子の目には新鮮で、未知のゲームに見えるわけです。

 
「ドンキーコング、やりたいよー!!」
 

 

この出来事があって、僕は一つ考えが浮かびました。

それは、昔の「資産」を知らない人にとっては新鮮に映るということです。

 

昔の資産を無駄にしないために

どういうことか?

 

ファミコンのドンキーコングって、僕にとっては、めちゃくちゃ子供の頃にやった、かなり昔に使い古されたゲームと言うイメージが有ります。

だから、僕にとっては、懐かしいという半面、かなり飽きているゲームなわけです。

しかし、息子にとっては、そのゲームは自分が触れたことがない未知の世界ということなんですよね。

だから、いくら昔のゲームっていっても、そのゲームに触れたことがない人にとっては、新鮮に映るわけです。

 

これって、ブログでも応用ができるんです。

例えば、ブログのネタがないとき、昔書いたブログの記事を引っ張り出して、書き直すということができます。

ブログの運営する期間が長くなると、昔書いたときの自分と今の自分とでは、自分が置かれている状況や、吸収した知識・経験など、色んな面で異なっています。

だから、昔書いたブログの記事と同じネタで、今の自分からの目線や、知識で、別の記事が書けるわけです

 

任天堂が昔のゲームを引っ張り出して、それらをまとめて、ミニファミコンを販売したように、

あなたも、昔書いたブログの記事ネタを引っ張り出して、今の自分からの目線で、改めて記事として書き直してみると、また違った記事が出来上がります。

 

そうすることで、昔の資産をうまく活用できて、ブログの記事も増えることになります。

他の人のブログから記事をパクッちゃうと、怒られますが、
自分の昔の記事をパクッても、怒られませんからね^^

 

それに、こうすることで利点が生まれます。

例えば、記事ネタのもととなった昔の記事に
「このことについて改めて記事にしてみました。こちらをクリック⇒新しい記事へのリンク」

というふうに昔の記事にリンクを貼ることで、検索で昔の記事を読んでいる人に、うまく最新の記事に誘導することができますし、

新しく書いた記事には、
「今日の記事はこちらの記事がネタになっています。こちらをクリック⇒昔の記事へのリンク」

このように新しい記事から、ネタ元になった昔の記事へのリンクを貼ることで、昔の記事への誘導もできるようになります。

ブログ内部でリンクを張り合うことができるので、自分が書いた記事を無駄なく活用できますし、昔書いて埋もれてしまった記事も読者に見てもらいやすくなるんですよね。

 

もし、あなたが、

(;´Д`)
「ブログのネタが全然思いつかねーっす!」

と困っているのなら、自分が昔書いたブログの記事を見直してみてくださいね。

思わぬネタが転がっていることがありますよ^^

「昔書いた記事を見直してみよー」と思った方、ぽちっとお願いします^^

人気記事ランキング

6 Responses to “ブログの記事ネタをパクっても怒られない方法とは?”

  1. はまぞふさん こんにちわ!
    めっちゃお久しぶりのさゆこです。

    以前コメントのやりとりしてた人、今もブログやってるのかな~・・なんて思いながら見てたら、はまぞふさんは変わらずにいらっしゃったので、思わずコメントしに来てしまいました。

    以前に書いた記事を読み返してみると、、「え?これで終わり??」とか、「同じようなテーマで何個記事書いてんの・・」というようなのが多くて、我がブログもちょこちょこリライト中です。

    ツッコミどころも直しどころも満載で ヒー(@_@;) ってなってますけど(笑)

    • さゆこさん、コメントありがとうございますm(_ _)m
      はまぞふです。

      お久しぶりですね^^

      > 以前に書いた記事を読み返してみると、、「え?これで終わり??」とか、「同じようなテーマで何個記事書いてんの・・」というようなのが多くて、我がブログもちょこちょこリライト中です。

      そうなんですよね^^;
      昔書いた自分の記事って、今読み直してみると書き直ししたくなっちゃうんですよね^^;

      ま、これもネタだと思って書き直ししていけば、ブログの質にもボリュームにもつながるので、一石二鳥ですね^^

  2. こんばんは。
    なるほど~^^自分の記事をパクるなら怒られないですね。
    タイトルに引き込まれて読みました。私も真似してみます。

    • takafumiさん、コメントありがとうございますm(_ _)m

      > なるほど~^^自分の記事をパクるなら怒られないですね。

      そうなんです。
      このパクり方は、怒られないんですよね^^

      それに自分が成長するたびに、何度も書き直すことが出来るので、
      無限にブログのネタが増えていきます^^;

      ぜひ、真似してみてくださいね。

  3. 初めまして、ランキングから来ました。
    なるほど昔書いた記事の、状況と今とでは、考え方も変わっているし、周りの状況も変わっているかもしれませんね。また新しい発見や気付きもあるかもしれませんね。
    いいこと教えてくれてありがとうございます。
    参考にしたいと思います。

    • ロナウドさん、こんにちは。
      はまぞふです。

      コメントありがとうございますm(_ _)m

      > 状況と今とでは、考え方も変わっているし、周りの状況も変わっているかもしれませんね。

      そうなんですよね。

      インプットをし続けていれば、知識、考え方が、変わってきますので、
      また、同じテーマで記事を書くことで全然違う内容の記事が出来上がることがありますよ。

      ぜひ、実践してみてくださいね。

コメントを残す