商品を紹介するための記事の基本的な考え方

こんにちは。

お父さんアフィリエイター、
はまぞふです。


先日、子供たちのクリスマスプレゼントを

妻と選んでおりました。

息子はプラレールが好きなので、

Yahooにて「プラレール 人気」と検索。

上から、楽天、アマゾン、まとめサイト

で、アマゾンにて、

「ちょっと安めのレールセットでいいかな~」
としばらく物色。

さて娘はどうしようか?

「最近、プリキュアが好きなんだよね」と。

ではちょっと探してみようかと。

Yahooにて、「プリキュア おもちゃ」と検索。

で、これまた上から、アマゾン、楽天、ヨドバシ。

アマゾンと楽天は強いなぁと。

試しに、「おもちゃ」と検索。

すると、はやり、
アマゾンと楽天が上位表示に。

自分のブログもここまで上位表示してくれたら
嬉しいんだけどなぁと思っておりました。

という事で、

検索エンジンから
自分のブログを見つけてもらうための

基本的な事を考えてみましょう。


【ほしい人がどんなキーワードで検索するか調べてみる】


例えば「エックスサーバー」のレンタルを考えている人は

YahooやGoogleなどの検索エンジンで、

「エックスサーバー」の事を知るために検索します。

そのとき、「エックスサーバー」以外に
どんなキーワードで検索するか

調べてみましょう。


Yahooを例にその方法をご紹介します。

Yahoo JAPAN
http://www.yahoo.co.jp

Yahooにて「エックスサーバー」と検索します。

すると、虫眼鏡のアイコンでほかのキーワードが
表示されます。

 

 

そこに表示されるキーワードが

「エックスサーバーの事を調べようとする人が
検索する他のキーワード」

という事になります。

ちなみに、この他のキーワードの事を

「複合キーワード」といいます。

実際にブログの記事を書くときは、
複合キーワードを盛り込んで書いたほうが、

検索エンジンの検索結果に
表示されやすいです。


どういうことかと言いますと、

「エックスサーバー」だけを検索すると、
検索結果が 「約541,000件」ヒットします。

 

 

複合キーワードの
「口コミ」を追加して検索してみると、
検索結果が 「約141,000件」まで減りました。

 

 

このように、「エックスサーバー」だけ検索すると
検索結果が多すぎるので、

「エックスサーバー 口コミ」のような
複合キーワードを使用することで、

少しでもライバルを減らし、検索結果の上位表示
するように心がけながら記事を書いていきましょう。


【記事を書くコツ】


記事を書くときは、
先ほど決めた「複合キーワード」

全体の約5%を、盛り込んで記事を書いていきます。

一つの記事は、300文字~500文字
目安に書きましょう。

なので、500文字の記事を書いた場合は、

「エックスサーバー」、「口コミ」の複合キーワードは、

全体の5%、「25文字」を目安に盛り込みましょう。

文字数をカウントしてくれるサイトがありますので、
そのサイトで実際に書いた自分の記事の文字数を
数えてみましょう。

文字数をカウントしてくれるサイト
http://www1.odn.ne.jp/megukuma/count.htm


後は、実際に記事をいくつか書いてみましょう。

最初のうちは、
キーワードを盛り込みながら記事を書くという事に慣れず、

変な文章になったりすることもありますが、

いくつか書いていくうちに、
次第に慣れていきますよ。

 


さて、娘のクリスマスプレゼントのために、

アマゾンにてプリキュアグッツをしばらく物色。

これがまーお高いこと。

「髪の長い犬みたいなキャラクター」が
6500円

「鍵を刺すような城のおもちゃ」が
11000円

「先っちょにハートのついた棒」が
5000円

「妙にキラキラしているプリキュアの服」が
10000円

妻としばらく唖然。

「プリキュアのおもちゃって高いんだね。」

「ま、もちょっと考えようか」

という事で、娘のプレゼントは、
もうちょっと考えることに。

さてどうなる事やら・・・。

コメントを残す