人を動かすために、必要な事とは?





こんにちは。

お父さんアフィリエイター、
はまぞふです。

最近、サイトアフィリ系の教材やキーワード関連の教材、
ライティング系の教材など、いくつか読み込んでいるんですが、

いくつかの共通点を見つけました。

確かに、これはかなり重要で、
そして、これを理解できれば、

アフィリエイトでも、リアルな店舗でも、
バンバンものが売れてしまうんではないかと思うのですが・・・

なかなか難しいんですよね。

どんな共通点があるの??
 

 
もったいぶらず教えてよ~
 

 
わかったわかった。

それは何かというと、
「相手の事を考える」ということ。

ターゲットにしている人を思い浮かべ、
その人の背景をよーく考えて、
どんな仕事をしているのか?
どんな生活をしているのか?
そのあたりをよく考えてから、

一体、
どんなことに悩んでいるのか?
どんなことを改善したいのか?
どんなことが喜ばれるのか?

そこを突き詰めていき、
相手の悩みどころを解決できる記事を書き、
悩みを解決できる商品を紹介できれば、
購入に結びつくんだよね。

 

 
ふ~ん
 

 
でもさ、なかなか難しいよね。
 

 
そうだね。

脳みそに汗をかくっていう事だよね。

そういうことを怠けずに、
考える事ができればいいんだけど。
 

 
それはわかっているんだけど・・・
 

 
なかなか難しいんだよね。
 

 
あらら・・それじゃ、どうすれば、いいのか教えてあげよう。
 

 
やったー!
 

 
おしえて教えて~
 

 

相手の事を考えるためには?

実は、ある超有名な本に、
そのヒントが書かれていたんだ。

どういう事が書かれていたかというと、
「人の立場に身を置く」
という事。
そうすることで、
人の心は動いてくれるというんだよね。
 

 
うんうん。
 

 
でね。その本には、こんな例が載ってたんだ。
 

 

鋼鉄王アンドリュー・カーネギーという人は、
特に人を動かすことに長けている人でした。

その義理の妹があることで悩んでいたというのです。
それは、二人の息子から手紙が来ないというもの。

二人の息子は大学生。息子達は自分の事ばかり考えて、
母が必死に手紙を書いても返事を書かずにいたようで、
義理の妹は一切の返事が来ず、二人の息子の身を案じ、
病気にまでなったという事でした。

そこで、鋼鉄王アンドリュー・カーネギーという人は、
二人の甥にある手紙を送りました。
それは、とりとめのない手紙でしたが、追伸に
「二人に5ドルずつあげよう」と添えられました。
ただ、5ドルは同封しなかった。

その後、二人からは折り返し感謝の返事が返ってきた。
ただ、返事の内容は想像に難くない。

 
そりゃ、お金上げるって言って、同封しなかったら、
返事を書くよな。
 

 
そんな事は、わたちでも、なんとなく思うわよ。
 

 
そう思うよね。
でもね、よく考えてみて。

大学生の男って、よっぽどマザコンか、清廉潔白じゃない限り、
母親の事なんてあんまり考えないんだよね。

「ガミガミ言うかーちゃんがいないから、
好き勝手にあそぼーぜー!」

って思っているかもしれない。
 

 
少なくとも、昔のお父さんはそうだったんでしょ。
 

 
おいおい・・・
まっ、その世代が欲しいモノの言えば・・・

・友達との楽しい時間
・キュートな女性との駆け引き
・恋人との甘い時間

こんなとこだよね。
そして、それに必要なものと言ったら・・・
 

 
「カネ」っす!
 

 
そー、カネなんだよね。

このときの世代って、
楽しい事をしたくてたまらないんだよね。

しかも、今までしばりつけていた、親という存在から、
遠く離れた場所に行ったわけ。

そりゃー開放的ですよ。
友達と楽しい時間を過ごしたり、今までやったことの無い、
怪し~ことだって、やりたくなるんだわ。

でも・・・
 

 
カネが無いんだよね。
 

 
そう!

もし君たちも、鋼鉄王アンドリュー・カーネギーの様に、
二人の甥からの手紙の返事をもらう際に、
どうすればいいか考えるときに、
必要な事はどんなことか、わかる?
 

 
年頃の男の子が何を考えているか、よく考えるって事?
 

 
そうだね。

二人の息子の「立場に身を置いて」
よく考える事が必要なんだよね。

そうすることで、
二人の息子がどんな生活をして、
どんなことに困っているのか?
二人の息子が一番楽しい事は何か?
二人の息子が一番欲しいものは何か?

それを、よーく考える事で、
導き出された答え・・・・
 

 
「カネ」って事?
 

 
そう。
そんな事で、
そういう手紙を送ったのではないかと考えられるね。
 

 

視点が変わると、見方も変わる!?

物事って、視点が違うと、
見方もだいぶ変わってくるでしょ

さっきの例だと、
母親の視点から考えると・・・
・息子二人の状況はわからない。
・だから手紙を書いてみたが・・・
・全然返信が来ないので、余計に心配・・・

これらの考えは、
二人の遠く離れた年頃の息子を持つ母親の信条だよね。

愛する存在が遠く離れているから、
それはそれは、心配なわけ。

で、その視点を息子に変えてみると・・・
・かーちゃんから離れたから、好き勝手にあそぼーぜー!
・一応、大学ではそこそこ勉強はするけど・・・
・楽しい仲間と一緒の遊ぶのが、楽しぃー!
・あの女の子、めっちゃ可愛いなぁ~
・ねぇ、今度一緒にディナーでもどう?
・つうか、俺・・・カネねぇな・・・
 

 
ホント、男ってしょうがないわねっ!
 

 
まぁまぁ、
視点を変えると見方が変わってくるよね。

見方が変わると、
どんな風にアプローチすればいいかが
わかってくるでしょ。

いくら、
「かーちゃんが心配しているから、
手紙の返事をよこしてくれな」

と言っても、今まで返事をよこさなかったんだからね、
アプローチ方法を変えたわけなんだよね。
 

 
「お金上げるね^^」→同封せず
って事をしたわけだね。
 

 
そういうこと。

いちおう、言っておきますが、
鋼鉄王アンドリュー・カーネギーの甥が
こんな感じの遊び人風の大学生かどうかはわからないよ。
でも、年頃の男の子は少なからず、
こういう信条を持っているだろうし、
お金は欲しいですからね。

 

 
お父さんは、こんな感じだったんでしょ
 

 
お父さんの事は・・・置いといて・・

この、
「人の立場に身を置く」ことで、
相手の事を考える事ができるよね。

相手からの視点で考える事で、

何に困っているのか?
何が欲しいのか?
何をしてもらいたいのか?

等々、考える事ができるでしょ。

そうすれば、おのずと、
相手のためになる記事を書けるようになり、
相手が今、一番欲しい商品を紹介できるようになるって事。
 

 
そっかー。よくわかったよ。
 

 
納得!

自分が紹介したい商品じゃなくて、
相手が欲しいと思う商品を紹介することで、
大切なんだね。そのためには、
相手の立場に身を置いて考える事で、
それがわかるって事なんだね。
 

 
そういうこと!
 

 

超有名な本って?

で、お父さんは、その知識をどっかから仕入れてきたんでしょ。
 

 
まーね。

デール・カーネギー
「人を動かす」
という本を読んで思ったんだよね。

冒頭にも言ったけど、最近、
サイトアフィリ系の教材やキーワード関連の教材、
ライティング系の教材など、いくつか読み込んでいるんだけど、

全ては、相手の事をよく考える事が重要だと言っているんだよね。

そして、相手の事をよく考えるためには、
「人の立場に身を置く」事が
重要になってくるんだ。

そしてそして、「人の立場に身を置く」ことで、
人の心が動くって事なんだよね。

デール・カーネギー
「人を動かす」
この本はどうすれば、人の心が動くのか、
教えてくれる、とってもいい本だよ。

本が書かれたのはかなり昔なんで、
例で載っている話も結構古い話が多いんだけど、

さっきも言った、鋼鉄王アンドリュー・カーネギーとか、
他には、アルカポネとかルーズベルトとかも出てくるんだけどね。
 

 
チョー古い話ね。
 

 
歴史の教科書に出てくるようなレベルだね。
 

 
でもね、人を動かす方法って現代にも通用する方法なんだよね。
人の心って、昔も今も、変わってないんだな~って
思ったよ。
 

 
ワタチも読んでみようかちら・・・
 

 
アフィリエイトを実践しているのなら、
この本を読むことをオススメするよ。
 

 


僕も、読んでみたいけど・・・
活字、嫌いなんだよねっ!
 

 
おいおい・・・まぁ、チビ助みたいな人向けに、
マンガ版もあったりするから、
サクッと読んでみたいなら、
こっちのほうが面白いかもね。
 

 


それじゃ、僕はマンガ版を読んでみよう~

よーし!
これで、人の心を動かすような、記事を書いてみるぞー!!
 

 
ワタチも、ガッツリと人の心を掌握するような文章を書いて、
相手を意のままに操ってやるわっ!
 

 
お、おいおい、ほどほど、頑張れよ~。
 

 

PS.
この本の巻末に、「幸福な家庭を作る7原則」が載っていて、
これがまた、とっても為になるお話。
人間関係も、夫婦関係も、今も昔もさほど変わっていないんだなぁ~と実感。
結婚生活をしている人には、ためになるお話ですよ^^

「人の心を動かしたい!」と思った方、ぽちっとお願いします^^

16 Responses to “人を動かすために、必要な事とは?”

  1. はまぞふさん、
    いつもお世話になっております。
    小夏です。

    カーネギーにハマると「カーネギー」っていう人の多さにびっくりした経験がありますw

    アフィリエイターの立場になって考えれば、殆どの方が稼ぎたいけど稼げない。そんな当たりから始まると考えますが、これを大分類として中分類にはまぞふさんの言う何に困っているのか?仮にね。
    >何に困っているのか?
    >何が欲しいのか?
    >何をしてもらいたいのか?
    を当てはめると、
    そこからさらに細分化された小分類が答えのヒントになり、
    解決のための糸口になりそうですね。

    勉強になりました。
    ありがとうございます。
    応援OKです。

    では、また!

    • 小夏さん、こんにちは。
      はまぞふです。

      コメントありがとうございます^^

      > カーネギーにハマると「カーネギー」っていう人の多さにびっくりした経験がありますw

      それ、僕も思いました^^;
      「カーネギー」って意外と結構いるんだなって。

      > そこからさらに細分化された小分類が答えのヒントになり、
      > 解決のための糸口になりそうですね。

      そうですね^^
      細分化していくことで、
      普段気が付かない事に気付き、
      それがキーワードや紹介する商品に繋げる事ができますし、

      ニッチなモノであれば、
      それだけで価値になりますね。

      応援ありがとうございます^^

  2. はまぞふさん、おはようございます♪

    ところではまぞふさんはどうだったんですかね(笑)
    まあその辺の本当の所はとりあえず置いておくとして・・・

    所変われば・・・人が変われば・・・立ち位置が変われば・・・
    その人が思う事や欲する事、困る事まで・・・がらりと変わりますね。

    もちろん立場によっては自分がなった事がないものもあるので、
    全てをわかることは出来ないと思いますが。

    それでもたいていは誰もが通る道が多いと思うんです。
    でもこれ・・・リアルからインターネットに媒体が移ったとたん
    その人の立場で考えるって事を忘れがちのような気がします。

    自分が見ているのがパソコンの画面で無機質だからでしょうか?
    その向こうには絶対に自分と同じく人がいて、その人の生活が
    そこに存在する事。

    それを忘れないで常に考える事が大事なんですね・・・。
    立場によって困ってることががわりと変わる・・・それは、
    身近な例で言えば私は昔から趣味サイトをHTMLを自分で組んでたので、
    簡単なタグの説明があれば自分で理解して組めます。

    でもHTMLなにそれ美味しいの?って人には表面だけさらりと
    説明したって基礎の知識がないんだから理解は難しい。

    これもその人の立場の差・・・ですよね。
    ささやか過ぎて忘れがちな事なので気をつけなきゃいけませんね。

    応援完了です(´∀`)

    • 咲月ミオさん、こんにちは。
      はまぞふです。

      コメントありがとうございます^^

      > でもこれ・・・リアルからインターネットに媒体が移ったとたん
      > その人の立場で考えるって事を忘れがちのような気がします。

      そうなんですよね^^;

      インターネットって、実際は、
      パソコンと回線しかありませんし、
      自分のパソコンだけで完結するんで、

      自分勝手になりがちなんですよね。

      そこには、人が必ずいるという事は、
      常に感じておかないといけませんね^^

      応援ありがとうございますm(_ _)m

  3. はまぞふさん。
    こんにちは。
    私も、デール・カーネギーさんの「人を動かす」
    という本を持っています。

    すごい偶然ですね!読んだことありますが、
    結構ぶあつい本だし、大変だったんじゃないですか?
    漫画本は読んだことありませんが。こっちのほうが分かりやすい
    かもしれませんね。

    応援しました~また訪問します。

    • ちゃんびさん、こんにちは。
      はまぞふです。

      コメントありがとうございます^^

      > すごい偶然ですね!読んだことありますが、
      > 結構ぶあつい本だし、大変だったんじゃないですか?

      おぉ~そうなんですね^^
      ちゃんびさんも、持ってるんですね。

      確かに、文字はたくさんありましたし、
      ちょっと読みにくかったですね^^;

      でも、読んでいくうちに、
      「確かに~」と納得する部分が多かったんで、
      ためになりましたね^^

      結婚生活が上手くいく方法とかも、
      なかなか面白かったです^^;

      まぁ~時間はかかりましたけどね・・・

      応援ありがとうございます^^

  4. はまぞふさん こんにちは!
    さゆこです

    相手の立場になって物事を考えるということは
    目の前に「人」がいないネット環境では、考えてるつもりでも出来てなかったりすることもあります。

    生活環境が違えば何で心が動くかが違ってきますし、
    同じキーワードでも検索する人が違えば知りたい事も違いますしね。

    ですが、それより何より
    わたしが今一番意のままに動かしたい相手は・・
    息子です (;・∀・)
    (マジどうにもならんて、アイツ)

    応援完了! ではでは~^^

    • さゆこさん、こんにちは。
      はまぞふです。

      コメントありがとうございます^^

      > 生活環境が違えば何で心が動くかが違ってきますし、
      > 同じキーワードでも検索する人が違えば知りたい事も違いますしね。

      そうですよね。
      キーワードが同じでも、立場が違えば、
      捉え方も変わってきますからね。

      発信している側にとっては、誰にどういう情報を発信するかと
      色々と考える必要がありますよね。

      > ですが、それより何より
      > わたしが今一番意のままに動かしたい相手は・・
      > 息子です (;・∀・)
      > (マジどうにもならんて、アイツ)

      僕も同じ意見です^^;
      最近、ホントにやんちゃになってきました・・・

      応援ありがとうございます^^

    • よっしーさん、こんにちは。
      はまぞふです。

      コメントありがとうございます^^

      > 相手の事を考えるのは、人としても大切なことだと思いました。

      そうですね^^

      相手の事をキチンと考える事で、
      どういう商品をどんな風に紹介すればいいのかが、
      わかってきますね^^

      ありがとうございました^^

  5. はまぞふさん、こんにちは~。

    アフィリエイトでも現実世界でも
    「相手の事を考える」
    かなり重要ですよね~。

    「相手の事を考えた記事」を
    書いてこそお金も付いてきますもん。

    話がそれますが、
    若き頃のはまぞふさんは
    かなりやんちゃだったんですねw

    って、私も学生時代は
    遊ぶ事ばかり考えて
    親の事は考えていなかったなぁ(´-ω-`)
    なんか変なところで反省しちゃいました(笑)

    • 美鈴さん、こんにちは。
      はまぞふです。

      コメントありがとうございます^^

      > 「相手の事を考えた記事」を
      > 書いてこそお金も付いてきますもん。

      そうですよね。

      相手の事を考えずに、自分が紹介したいものばかりを
      ただ紹介し続けていても、
      なかなか売れませんからね。

      相手の事を考える事は、大切なポイントですね^^

      > って、私も学生時代は
      > 遊ぶ事ばかり考えて
      > 親の事は考えていなかったなぁ(´-ω-`)

      学生時代ってそんなもんですよね^^;
      ちなみに、僕はやんちゃでは無いですよ。

      根は真面目なんですが、
      好奇心が旺盛なだけです^^

      ありがとうございましたm(_ _)m

  6. こんにちは。
    ロコです。

    「相手のことを考える」ってとても
    大切なことなのに、記事を書く段階に
    なって、忘れてしまっていることって
    多いです。

    やはり、コピーライティングは
    テクニックも大事ですが、相手への
    思いやりも忘れないようにしたいですよね。

    『人を動かす』は確か音声で持っているような。。
    ちょっと探してみます(笑)

    応援して帰りますね。

    • ロコさん、こんにちは。
      はまぞふです。

      コメントありがとうございます。

      > 「相手のことを考える」ってとても
      > 大切なことなのに、記事を書く段階に
      > なって、忘れてしまっていることって
      > 多いです。

      確かにそうですね^^;
      頭ではわかっているんですが、
      いざ記事を書き、読み返してみると、
      独りよがりの記事になっていることがあります。

      記事を書くときに、意識的に
      相手の立場になって考えて、
      それを取り入れないと、いけませんね。

      > 『人を動かす』は確か音声で持っているような。。
      > ちょっと探してみます(笑)

      音声もあるんですね^^
      僕は本で読みましたが、なかなかのボリュームでした。
      音声だと、通勤途中でも聞けるので
      なかなか便利ですね^^

      応援ありがとうございますm(_ _)m

  7. はまぞふさん、こんばんは!

    この人の立場に立って考えるのって頭では理解していても、実際記事を書くとなるとなっかなか出来ないですよね~(私だけ?)。
    今このことに凄く悩んでいて、届けたい人に届いてないな・・・濃いアクセスを引っ張って来れてないな・・・と痛感しております。
    脳みそに汗をかくって表現いいですね!
    ホンマに脳みそフル回転させた時って、すぐ甘いものが欲しくなります(笑)
    アフィリエイトではまだまだ汗かいてないんだわぁ・・・orz

    それにしてもはまぞふさんの記事は会話形式でとても読みやすかったです!
    応援して帰ります^^

    • トリさん、こんにちは。
      はまぞふです。

      コメントありがとうございます。

      >この人の立場に立って考えるのって頭では理解していても、実際記事を書くとなるとなっかなか出来ないですよね~(私だけ?)。

      確かにそうなんですよね^^;
      頭ではわかっているんですが、
      いざ、記事にするとなると、
      そうはならないんですよね。

      何度も書き換えたり、考えたりして、
      やっと出来上がっても、
      それが、本当に、”人の立場に立ったものなのか?”
      むずかしいところですよね^^;

      >脳みそに汗をかくって表現いいですね!

      ありがとうございます^^
      本当に脳みそをフル回転させると、
      ・・・確かに甘いものが欲しくなりますね^^

      応援ありがとうございますm(_ _)m

コメントを残す