抽出したキーワードの中から記事にする基準とは?

こんにちは。

お父さんアフィリエイター、
はまぞふです。

最近、黙々と作業をしている、ある商材。

『れあサイトアフィリエイト』


この商材を実践している中で、
いくつかのサイトを作っているんですが、
その中でアクセスが有ったり無かったり・・・
様々なんですよね。

この商材『れあサイトアフィリエイト』のアクセスの集め方は、
完全に検索エンジンからアクセスだけで、
明確な「SEO対策」もないので、
「キーワード」の選定が重要になってくると考えました。

そこで、いろんなところから情報を集めた結果、
先週紹介した、悩みの深いところまで、
キーワードを探しこむ方法をシェアさせていただきました。

 

と、ここまでが先週の記事のお話です。
読んでない方は、こちらを読んでみてくださいね。

『悩みの深いキーワードを探す方法』

 

で、先週紹介した、
悩みの深~いキーワードを探しこむ方法を使って、
様々なキーワードを抽出したんですが、

抽出したキーワード全部使って記事を作っても、
まーいいっちゃいいんですが、
はっきり言って、こんなキーワードで記事を書いても、

果たしてアクセスが来るかどうか微妙・・・・

というキーワードも中には存在するんですよね。

そこで、今回は、
僕が、どういう基準で、
抽出したキーワードの中から、記事にするキーワードを選択しているのか。
その選択基準をご紹介しますね。

 

takoyakihakarori-_TP_V

 


チビ助
「おしえて、おしえて~」


チビ子
「もう、気になって、夜もぐっすり眠れなかったわ!」



はまぞふ
「いやいや、めっちゃ、ぐっすり眠ってたでしょ!



チビ助
「いいから教えてよ~」



はまぞふ
「わかったわかった。」

キーワードを選ぶ基準って?


はまぞふ
「選ぶ基準は実は単純なんだよ。

要は、“検索する人が多くて、検索結果が少ないキーワード”

を選ぶのが一番いいんだ。」


チビ子
「・・・それだけ?」


はまぞふ
「そう、それだけ。

単純な話なんだよね。

検索する人が多ければ、
僕の作ったサイトに訪れる人が多くなるし、

検索結果が少なければ、
僕の作ったサイトが検索結果の上位表示されやすくなる。

その二つがうまくかみ合えば、
僕の作ったサイトのアクセスが伸びてくる
っていう事なんだよね。」


チビ助
「ふ~ん、でもさ、検索結果の数はは”Google”や”Yahoo”で調べるとして、
検索された回数ってどうやって調べるの?


はまぞふ
「それはね、Googleのキーワードプランナーで調べられるよ。

キーワードプランナー
https://adwords.google.com/KeywordPlanner?hl=ja

この中に、
どういうキーワードがどのくらいの回数、検索されているのか、
教えてくれる機能があるんだよ。」


WS000667-1
GoogleAdWords にログインして、


WS000668-1
運用ツールのキーワードプランナーを選択しよう。


 

WS000670-1
ここにキーワード入力して「候補を取得」をクリックすると、


WS000671-1
月の平均検索ボリュームがわかるよ。

 


チビ助
「めっちゃざっくりしてるね。
10~100って、10と100じゃ、大きな違いがあるんじゃない?」



はまぞふ
「ほかにも、100~1000や、1000~1万みたいな感じに、
増えていく毎に、ざっくり感が増してくるよ。」


チビ子
昔はもっと”くわちく”出てたのよね。
しかも、各月毎にどのくらいの検索されたのかが、
グラフで表示されていたのよね。

でも、Goo○leの陰謀によって、
“お金を払わないやつには、このツールは使わせてやんないもんねー”

って言われたんだよね。」


はまぞふ
「いや、そんな子供じみた感じじゃないけど。
まあ、大体あってるかな。

でも、お金を払わずに前の機能を使える方法は、
あるみたいなんだよね。

広告を申請すると、前と同等の機能を使えるようなので、
申請した広告の支払いを銀行振り込みにして、
広告を一時停止にしておけば、
キーワードプランナーの詳しい検索結果が表示される機能を使える。

っていうみたいなんだけど・・・

自分ではまだこの方法は検証したことないし、
ちょっとややこしいし・・・

ま、とりあえず今回は、大体わかればいいから、
このままでいくよ。」


チビ助
「はーい!」


はまぞふ
「で、ここに出てくる“月間平均検索ボリューム”なんだけど、
検索されていなければ、こんな感じで、数字も表示されないんだよね。」


WS000672-1
数字が表示されない・・・

 


はまぞふ
「で、要は、ここで月間の平均検索ボリュームの大体大きいものと、
実際にGoogleで検索してみて、検索結果が少ないもの

そういうキーワードを調べて記事にしていけばいいんだよ。」


チビ子
「じゃさ、検索数がどのくらいで、検索結果がどのくらいあれば
キーワードから記事にしているの?」


はまぞふ
「じゃ、実際の先週、Yahoo知恵袋から抽出したキーワードの中から、
やってみるよ。

で、その前にやっておくことがあるんだけど、

実際の抽出したキーワードは、記事にする際は、
複合キーワードとして考えるのか、
単体キーワードとして使うのか、
考えなくちゃならないよ。」



チビ子
「複合キーワード?単体キーワード?」

複合キーワードと単体キーワード


はまぞふ
「複合キーワードっていうのは、”赤ちゃん 寝かしつけ 方法”のように、
複数の単語で構成されたキーワードの事

逆に、ひとつの単語で構成されたキーワードは単体キーワードっていうよ。

例えば、“赤ちゃん 寝かしつけ”で抽出したキーワードの中に、
“方法”ってあったけど、

赤ちゃんの寝かしつけるための情報を探す人は
“方法”っていうキーワードを単体で検索する人はいないでしょ。

こういうキーワードは、”赤ちゃん 寝かしつけ 方法”
みたいに、複合キーワードとして、考える必要があるよね。

逆に、”ねんねトレーニング”や、”ネントレ”、
“ジーナ式スケジュール”のように、

そのワード単体で、”赤ちゃん 寝かしつけ”の情報として、
検索できるようなキーワードは、
単体キーワードとして考える必要があるよね。


チビ助
「う~ん、判断がむずかしいなぁ~」


はまぞふ
「まぁ、慣れるとそうでもないけど、
どうしてもわからないって時は、

とりあえず、複合キーワードとして考えてみて、
月間の平均検索数を調べたときに、数字が全然出てこなければ、
単体キーワードで考えてみると、いいよ。

まずは、月間の平均検索数を調べるのが目的だからね。」


チビ子
「わかったわ。」


はまぞふ
「では、先週調べたキーワードで、
月間の平均検索数と、検索結果の数を見てみると・・・

こんな感じなったよ。

ちなみに、月間の平均検索数の数字が出てこないキーワードは、
検索数も調べてないからね。」

 

キーワード 検索数 検索結果
@「赤ちゃん 寝かしつけ」で調べたキーワード
赤ちゃん 寝かしつけ 方法 100~1,000 424,000
赤ちゃん 寝かしつけ 昼寝 10~100 281,000
赤ちゃん 寝かしつけ ビデオ
赤ちゃん 寝かしつけ 縦抱っこ
赤ちゃん 寝かしつけ 母乳 10~100 235,000
赤ちゃん 寝かしつけ ジーナ式スケジュール
ジーナ式スケジュール 100~1,000 62,200
ネントレ 1,000~1万 69,900
ねんねトレーニング 1,000~1万 379,000
赤ちゃん 寝かしつけ おもちゃ 10~100 337,000
赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド 100~1,000 32,700
赤ちゃん 寝かしつけ ママリQ
ママリQ 100~1,000 666,000
赤ちゃん 寝かしつけ 抱っこ 100~1,000 496,000
赤ちゃん 寝かしつけ 砂嵐の音
赤ちゃん 寝かしつけ ネンネの絵本
ネンネの絵本
ねんね 絵本 100~1,000 468,000
赤ちゃん 寝かしつけ バウンサー 10~100 198,000
赤ちゃん 寝かしつけ 卒乳

@「ジーナ式スケジュール」で調べたキーワード
ジーナ式スケジュール ネントレ
ジーナ式スケジュール ねんねトレーニング
ジーナ式スケジュール 新生児 10~100 5,800
ジーナ式スケジュール 搾乳
ジーナ式スケジュール 面倒
ジーナ式スケジュール 赤ちゃんとお母さんの快眠講座
赤ちゃんとお母さんの快眠講座 10~100 15,100
ジーナ式スケジュール 一人寝
ジーナ式スケジュール 双子
ジーナ式スケジュール 授乳回数が足りない
ジーナ式スケジュール 完全母乳
ジーナ式スケジュール やめる

@「ねんねトレーニング」で調べたキーワード
ねんねトレーニング 夜泣きの治し方
ねんねトレーニング 夜泣き 10~100 19,900
ねんねトレーニング 膝を痛めた
ねんねトレーニング ベビースリング
寝かしつけ スリング 10~100 177,000
ベビースリング 1,000~1万 1,850,000
ねんねトレーニング 生活リズム
ねんねトレーニング トレイシー・ホッグのeasy
トレイシー ホッグ 100~1,000 11,300
ねんねトレーニング 添い寝 10~100 56,600
ねんねトレーニング 夜間断乳
夜間断乳 1,000~1万 231,000

@「トレイシー・ホッグ」で調べたキーワード
トレイシー・ホッグ 赤ちゃん語がわかる魔法の育児書
赤ちゃん語がわかる魔法の育児書 10~100 48,600
トレイシー・ホッグ 赤ちゃん語がわかる子育て全集
赤ちゃん語がわかる子育て全集
トレイシー ホッグ 集中授乳
トレイシー ホッグ 夢うつつ授乳
トレイシー ホッグ トイレトレーニング
トレイシー ホッグ おしゃぶりを吸わないと寝ない
赤ちゃん 寝かしつけ おしゃぶり 10~100 69,100
トレイシー ホッグ 松田道雄の「育児の百科」
松田道雄 育児の百科 10~100 6,510
トレイシー ホッグ 旦那には期待しません

@「夜間断乳」で調べたキーワード
夜間断乳 おっぱいの分泌は夜間が最も活発
夜間断乳 添い乳
添い乳 1,000~1万 210,000
夜間断乳 夜泣き 10~100 58,000
赤ちゃん 夜泣き 1,000~1万 585,000
夜間断乳 かわいそうな行為
夜間断乳 性格がゆがんだ大人になる
夜間断乳 離乳食
夜間断乳 エルゴ


はまぞふ
「この中から、月間の平均検索数が100~1,000以上で、
検索結果の数は、1,000,000未満のキーワードを選んでいくよ。」


チビ助
「検索結果の数が、百万未満で選ぶの?」


はまぞふ
「そうだね。ホントはもっと少ないほうがいいんだけど、
基準としては、1,000,000未満として考えておけば、
最低でも、検索結果の2ページ~3ページ目くらいには入れると
考えてる。

あとは、月間の平均検索数が10~100でも、
検索結果が極端に少ない場合、30,000以下ぐらいかな。
その場合も記事にするよ。

この場合は、ライバルが少ないから、
検索結果の上位に表示しやすいよね。

そうすれば、
最低でも月平均10のアクセスが来る場合があるからね。」


チビ子
「こうしてみると、単純に、

月間の平均検索数が多い=検索結果で出てきたサイトの数が多い

っていうわけじゃないのね。」


はまぞふ
「そうなんだよね。

例えば、ねんねトレーニングも、ネントレも
同じ意味なんだけど、

どちらも、月間の平均検索数は変わらないけど、
検索結果に差が出てるでしょ。


検索数 検索結果
ネントレ 1,000~1万 69,900
ねんねトレーニング 1,000~1万 379,000

こういうところを見ると、
ねんねトレーニングだけじゃなくて、
ネントレもキーワードとして記事を書いていけば
アクセスが期待できるとわかるよね。」


チビ助
「なるほど~。面白いね。」


チビ子
「でも、
“ジーナ式スケジュール”と、
“トレイシー・ホッグ”と、
“夜間断乳”はあんまり意味なかった?」


はまぞふ
「そうだね。
この辺りは、チョット、キーワードの選定ミスだったかな。

“夜間断乳”は、“添い乳”のキーワードを導き出したから良しとしようかな。

“ジーナ式スケジュール”はチョット失敗だったかな。
考えてみると、“ジーナ式スケジュール”っていう情報を知りたいときは、
“ジーナ式”だけで検索する人が多いだろうね。

と考えると・・・


検索数 検索結果
ジーナ式スケジュール 新生児 10~100 5,800

この検索結果も、
ジーナ式だけで調べてみると、   


検索数 検索結果
ジーナ式 新生児 100~1,000 105,000

こんな感じになるんだよね。
これだけでも、月の検索数が増えてるし、
検索結果の数も少しは増えるけど、
105,000ならまだ上位表示を狙える範囲だからね。

ま、こんな感じで一筋縄ではいかないところもあるので、
検索ワードを少しずつ変えたり、
複合キーワードを付けたり外したりして、
お宝キーワードを探してみてね
。」


チビ助
はーい!

検索しながら、調べながら、色々と試していくと、
お宝キーワードに巡り合う可能性が
出てくるって事だね。」


はまぞふ
「そうそう、お父さんはそれを、
言いたかったのだよ。」


チビ子
「キーワード選定に失敗した言い訳ね。」


はまぞふ
「うっ、そういう事、言わないの…

じゃ、まとめると・・・」


チビ子
まとめると、

知恵袋から抽出したキーワードは、
キーワードプランナーと、Googleの検索結果から、

月の平均検索数が、100~1,000以上で、
検索結果のサイト数が1,000,000未満で、
記事を作成すればいいのよね。

まれに、検索結果のサイトの数が、30,000以下の場合は、
月の平均検索数が10~100でも記事にすることもあるのね。

あとは、抽出したキーワードを少しづつ変えてみて、
色々と試していくのも大事

ってことよね。」


はまぞふ
「・・・って、お父さんが言いたかったのに。

ま、そういう事だ。

チビ子やチビ助も、キーワードを抽出したら、
色々と試してみて、
お宝キーワードを探してみてね。

きっとどこかに隠れているよ。」


チビ助
「はーい!」


チビ子
「わたちも探してみるわー」


はまぞふ
「頑張れよー」


「お宝キーワードを探してみたい!」と思った方、ぽちっとお願いします^^

14 Responses to “抽出したキーワードの中から記事にする基準とは?”

  1. はまぞふさん、


    こんばんは、
    加南です。


    ブログにお越しいただき、
    コメントありがとうございました。


    前回の記事から
    しっかりと勉強させていただきました。

    飲み込みの早いお子ちゃま達に比べ、
    ゆっくりじっくりで、
    あぁ、そうなんだぁと、
    たっぷりとキーワード選定の
    大切さがわかりました。



    キーワードって
    そんなに思いつくものじゃない
    なんて先入観がありましたが、

    今回の記事を拝見して
    お宝キーワードも
    何だか探せそうな気がしてきました。

    キーワードプランナーも
    きちんと使いこなしたいと思います。

    応援完了です。
    加南

    • 加南さん、こんにちは。
      はまぞふです。

      > キーワードって
      > そんなに思いつくものじゃない
      > なんて先入観がありましたが、

      そうなんですよね。
      キーワードを探すテクニックをいろいろと
      解説しているものは見るんですが、
      自分でなかなか思いつきませんよね^^

      この方法だと、実際に悩んでいる人の
      キーワードを探して、
      しかも、実際に検索している回数や、
      サイト数を調べるので、

      アクセスを呼べるキーワードを
      探せますよ。

      試してみてくださいね^^

      応援ありがとうございます^^

  2. はまぞふさん、こんばんは^^

    とっても分かりやすい説明をありがとうございます!

    私もキーワードプランナーを使って検索ワードを
    調べるようにしています。
    できればGoogleさんで上位表示させたいですね!

    そのためには、もっと勉強しなければいけませんね。。。
    頑張ります!

    ありがとうございました^^
    応援完了です!

    • みゅーたさん、こんにちは。
      はまぞふです。

      > 私もキーワードプランナーを使って検索ワードを
      > 調べるようにしています。
      > できればGoogleさんで上位表示させたいですね!

      キーワードプランナー便利ですよね^^

      役立つコンテンツを作りこんで、
      Googleでの上位表示を狙っていきたいですね!

      日々勉強ですね^^
      頑張っていきましょう~

      応援ありがとうございます^^

  3. はまぞふさん。こんにちは
    はせおかです。

    なかなかキーワード選定を詳しく解説してありますね。

    僕もこのキーワードを意識したブログ記事作成してたんですけど

    案外、上位表示出来なくて苦戦しました。

    だけど、日々記事を貯めていくと

    だんだん表示されるようにもなりました。

    チビ助。チビ子なかなかおもしろいですね。

    応援完了です。

    はせおか

    • はせおかさん、こんにちは。
      はまぞふです。

      > 案外、上位表示出来なくて苦戦しました。

      そうなんですよね^^;
      なかなか最初は苦労しますよね。

      > だけど、日々記事を貯めていくと
      > だんだん表示されるようにもなりました。

      そうなんですね^^

      Googleの順位が安定するといわれているのが、
      3か月程度と言われているので、

      ちゃんと、キーワードを意識しながら
      記事を書いていくと、
      しばらくすると、検索結果に表示されるようになりますよね^^

      > チビ助。チビ子なかなかおもしろいですね。

      ありがとうございます^^

      応援ありがとうございます^^

  4. はまぞふさん
    こんばんは
    中嶋です。

    キーワード選定
    大切なんですが
    時間がかかるのが
    玉にきずなんですよね。

    これも慣れなのかもしれませんね

    応援しております♪

    • 中嶋陽子さん、こんにちは。
      コメントありがとうございます^^

      > キーワード選定
      > 大切なんですが
      > 時間がかかるのが
      > 玉にきずなんですよね。

      そうですよね^^;

      最初のうちは慣れないかもしれませんが、
      何回かやっていくうちに、コツをつかんできて、
      サラッとできるようになりますよ^^

      自分の中で、どのくらいのキーワードを
      どの程度集めるか決めておくと、
      時間が掛からず終わることが出来ます。

      これも、慣れですね^^;

      応援ありがとうございます^^

  5. はまぞふさん

    こんにちは、りつきです。

    知れば知るほど、大切だし、深いし
    こだわりたいし…

    >要は、“検索する人が多くて、
    検索結果が少ないキーワード”

    なるほど、すっごく分かり易いです。

    でも、なかなかキーワードプランナーは
    使いこなせていないです。

    いつも、チビ子ちゃんのセリフが
    気になって(笑)
    >昔はもっと”くわちく”出てたのよね。

    「くわちく」って赤ちゃん言葉で
    昔話って~(爆)

    はまぞふさん、いつも勉強になります。
    ありがとうございました。
    応援しています!

    • りつきさん、こんにちは。
      はまぞふです^^

      コメントありがとうございます^^

      > 知れば知るほど、大切だし、深いし
      > こだわりたいし…

      そうなんですよね^^
      奥が深いですね、キーワードって^^;

      それでも、こだわってても、きりがないので、
      どこかで見切りをつけてしまうのも手ですよね^^

      > でも、なかなかキーワードプランナーは
      > 使いこなせていないです。

      そうなんですか。
      僕は紹介したキーワードの検索数をざっくり調べる機能しか、
      使ってません^^;

      突き詰めると、いろいろと出来そうですが、
      いろんなことが分かるだけに、使い方も
      奥が深いですよね^^;

      > 「くわちく」って赤ちゃん言葉で
      > 昔話って~(爆)

      良いギャップです^^;
      最近、僕に対する娘の言葉が
      上から目線になっているので、

      そんな雰囲気で
      書いてみました^^;

      応援ありがとうございます^^

  6. はまぞふさんこんにちは
    キーワード選定のこの記事めちゃくちゃタメになりました
    僕もはまぞふさんのような記事を書けるようにテーマによってきちんと情報収集をしてライティングの勉強もしっかりしていこうと思いました
    ありがとうございます

    • ゆーろさん、こんにちは。
      はまぞふです。

      > キーワード選定のこの記事めちゃくちゃタメになりました

      ありがとうございます^^
      キーワードの選定方法は、
      実際にアクセスが出てくる、役に立つので、
      試してみてくださいね。

      こちらこそ、ありがとうございましたm(_ _)m

  7. はまぞふさん、こんにちは^^
    パパトコです。

    キーワード選定の過程が具体的に説明されていて
    たいへん勉強になりました。

    キーワードプランナーは知っていましたが
    気が向いた時に検索が有るか見るくらいだったので

    関連ワードを書き出して比較検討していけば
    確かにもっと深く調査できますね。

    ほんと宝の持ち腐れです (^^;

    勉強になる記事これからも期待してます!
    応援完了です^^

    • パパトコさん、こんにちは。
      はまぞふです。

      > キーワード選定の過程が具体的に説明されていて
      > たいへん勉強になりました。

      ありがとうございます^^

      僕も、キーワードプランナーは
      気が向いた時しか使わなかったんですが、
      この方法を実践し始めてから、
      かなり使うようになりました^^

      実際に検索のあるキーワードを探すので、
      サイトへのアクセスも徐々に変わってきますよ。

      応援ありがとうございます^^

コメントを残す